どんな場面でも高い除草効果を発揮すること。環境への影響が少ないこと。非選択性茎葉処理除草剤「ザクサ」。

  1. ホーム
  2. 技術資料・製品情報
  3. 土壌処理剤との混用

技術資料・製品情報

土壌処理剤との混用

土壌処理型除草剤と混ぜても高い安全性。

マルバツユクサなどのしつこい雑草には、ザクサ液剤と土壌処理型除草剤との混用散布がおすすめです。混用することで、より長期的に雑草の発生を抑えることが可能となり、防除回数を減らすことができます。ザクサ液剤と光合成阻害型の土壌処理型除草剤を混用した場合、効果発現がやや遅くなることもありますが、最終的な効果に影響はありません。

混用時の除草効果への影響

  • [試験場所]2006年 明治製菓(株) 社内試験
  • [処理薬量]500ml/10a(上記薬量を各種土壌処理除草剤に混用)
  • [試験雑草]カヤツリグサ
  • [散布日]8/29

除草効果への影響

  • [試験場所]2007年 北興化学工業(株)社内試験
  • [処理薬量]500ml/10a
  • [試験雑草]イヌビエ・シロザ・ホナガイヌビユ
  • [散布時期]10〜11月
  • *効果発現速度および除草効果
  • ○:ザクサ液剤単用処理と同等
  • △:ザクサ液剤単用処理と比較し、やや遅い(低い)

混用時の土壌処理効果への影響

  • [試験場所]2006年 北興化学工業(株)社内試験
  • [処理薬量]500ml/10a
  • [試験雑草]イヌビエ・メヒシバ・シロザ・ハコベ
  • [散布日]4/27(発生前処理)
  • [調査日]5/18(処理21日後)
  • ○:土壌処理型除草剤単用処理と同等

ページトップへ戻る