どんな場面でも高い除草効果を発揮すること。環境への影響が少ないこと。非選択性茎葉処理除草剤「ザクサ」。

  1. ホーム
  2. ザクサ五輪書
  3. 効果の速さと抑草期間 先手必勝

ザクサ五輪書

効果の速さと抑草期間 先手必勝【せんてひっしょう】

素早く枯らし、長く抑える。
つまり、枯らした状態を長く保つ。
先手を取ることが、雑草に打ち勝つ極意。

ザクサ液剤の除草効果の特長は、雑草を枯らすスピードが早く、かつ、枯らした状態を保つ「抑草期間」が長いこと。つまり、一回の除草で、長期間にわたって雑草を抑えることができます。使い方も簡単で、除草作業一回あたりの作業時間は、草刈り機を使用した場合の約2分の1。省力的かつ経済的な除草作業を実現します。

効果の早さと抑草期間

ザクサ液剤の成分は速やかに吸収され、通常1〜3日程度で枯れ始めます。また、抑草期間が長く、40〜50日程度抑えることができます。手刈りの場合、抑草期間が作業後20〜35日程度なのに対し、ザクサ液剤の場合、作業後40〜50日程度の抑草効果が認められました。除草作業時間が約2分の1で終了することが可能です。

ザクサ液剤の効果の早さと抑草期間のイメージ図

薬剤処理時期と抑草期間表

素早く枯らす

通常、散布後1〜3日で効果が現れはじめ、7〜14日で効果が最大になります。草種によっては散布翌日に効果が発現します。

メヒシバに対する効果発現の速度画像

しっかりと長く枯らす

各種雑草をしっかり枯らすことができるため、効果の持続期間が長く、40〜50日程度雑草を抑えることができます。

セイタカアワダチソウに対する抑草期間画像

ページトップへ戻る